校章埼玉県立
けやき特別支援学校
【旧岩槻特別支援学校】   【けやき特支】HPサイトポリシー(掲載文).pdf
本校ページはこちら
Established in 2016
TEL:048-601-5531    FAX:048-601-1588
〒330-0081   埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2

本校写真
伊奈分校ページはこちら
Established in 1983
TEL:048-723-2201    FAX:048-723-2201
〒362-0806   埼玉県北足立郡伊奈町小室818-2
伊奈分校写真
 

お知らせ

〔冬季休業中の公開講座について〕
 伊奈分校では、12月25日(水)に公開講座を実施いたします。多くの方のご参加、お待ちしております。詳細は、下記案内をご確認ください。

 講演:支援の必要な子どもたちを包むあったかクラスづくり
    -ユニバーサルデザインに基づく学級形成の極意-

 講師:桃山学院教育大学 人間教育学部  教授 松久 眞実先生
 日時:令和元年12月25日(水)14時から(受付開始:13時半より)
 場所:埼玉県立けやき特別支援学校(さいたま新都心・埼玉県立小児医療センター7階)
 対象:小・中学校、高等学校及び特別支援学校の教職員
 定員:250名
 案内:公開講座Ⅱ ご案内.pdf

 ※お申込みは、メール  ina-souda@keyaki-sh.spec.ed.jp にてお願いします。

 

分校だより12月号

分校だより12月号をアップしました。内容は文化祭、分身ロボットOriHime(オリヒメ)を使った通信授業などについてです。
12月号.pdf
 

文化祭が行われました

 11月22日(金)、保護者の方や病院の方がたくさん応援に来てくださる中、伊奈分校の文化祭が行われました。児童生徒たちは初めとても緊張した面持ちでしたが、病院の方々が楽しい演奏やダンスで盛り上げてくださったので、心配や不安が吹き飛び、それぞれの児童生徒がこれまでの頑張りの成果を見事に発表することができました。

 小学部はドッジボールを題材とした手作り動画を発表しました。脚本作りや撮影も自分たちで行い、ユーモアにあふれる台詞をつけて観客の皆さんを大笑いさせてくれました。

 中学部の有志の発表では、クイズ、ケン玉、コマ、楽器演奏、歌、ダンス、プレゼン、ルービックキューブなど、すべての発表が堂々としていて、観る人たちに感動を与えてくれました。また、音楽の授業で練習を積んできた合奏「小さな恋のうた」では、息のピッタリと合った迫力ある演奏を行うことができ、保護者の方の中には感極まって涙を流しておられる方もいらっしゃいました。

 廊下には児童生徒や保護者の方、病院の方の作品が飾られました。すべての作品が個性あふれる素敵な作品で、温かい気持ち、優しい気持ち、元気や勇気をいただきました。

 文化祭の最後には、飾り付けや招待状、ポスター、カウントダウンカレンダー作りの準備等も含めて、一人一人の頑張りを称える賞状がそれぞれの児童生徒に手渡されました。

             


 

自分メーターについて

 伊奈分校の自立活動の授業では、児童生徒と担当教員が定期的な個別面談を行いながら「自分メーター」という尺度表を使っています。これは自己理解を深めるためのチェックシートで、国立特別支援教育総合研究所等の御指導をいただきながら伊奈分校で作成したものです。「こころ」「しゃかい」「がくしゅう」「からだ」「せいかつ」「身のまわり」の6つのカテゴリーの中に10個ずつの項目があり、合計の点数を図のようなレーダーチャートにしていきます。担当教員の評価と自分の評価を比較したり、転入学してから1ヶ月目ぐらいの状態と退院する前の状態とを比較したりして、自分自身のことを理解することができるようにしています。

 また、「自分メーター活用ブック」を使って自分の強みを知ることや苦手なことへの対策を考えるようにしています。自分自身のことを理解すると、周りとの関係も変わってきます。伊奈分校の児童生徒たちがより良い人間関係を築けるようにバックアップしていきたいと願っています。


【自分メーター(一部抜粋)】
ダウンロードはこちら → 伊奈分校 自分メーター.xlsx  伊奈分校 自分メーター.pdf


【レーダーチャート】

【自分メーター活用ブック】
ダウンロードはこちら → 伊奈分校 自分メーター 活用ブック .docx   伊奈分校 自分メーター 活用ブック .pdf
 

分校だより11月号

分校だより11月号をアップしました。内容は社会体験学習報告、ロボットプログラミング選手権報告などです。
11月号.pdf
 

社会体験学習に行ってきました

 10月25日(金)、小・中学部合同で埼玉県環境科学国際センターに行くことができました。行きのバスの中ではバスレク係が、なぞなぞ、私はだれでしょうゲーム、伝言ゲームを楽しく行ってくれたため、具合が悪くなる人もなく、あっという間に到着することができました。

 環境科学国際センターでは、「チャレンジ・エコドライブ」「触れる地球」「プラネットレスキューアドベンチャー」など、体験を通して環境問題について学ぶことができました。体験後は、「森が少なくなって、CO₂が多くなってきている」「ごみの分別、ごはんを残さないことを意識する」など、とても良い感想が多く聞かれました。

 あいにくの雨となりましたが、班ごとの集団行動のルールを守って、安全に過ごすことができました。また、普段の生活よりも活動量が多くて疲れた人もいましたが、病院の方々にも応援をいただいて無事に社会体験学習を行うことができました。ありがとうございました。

 

ロボットプログラミング選手権2019関東甲信越大会が行われました

 10月18日(金)、「ロボットプログラミング選手権2019(病弱教育部門)関東甲信越地区大会」が神奈川県立横浜南養護学校で行われました。参加したのは関東甲信越地区の特別支援学校11校19チームで、各校がプログラミングデータを送付する形で参加しました。ミニロボットがプログラムされたとおりに動き、相手チームのミニロボットを土俵の外に出すことができれば勝利するというロボット相撲大会です。

 けやき特別支援学校からも2チームが参加し、伊奈分校では対戦の様子をインターネットで視聴し、熱く応援しました。その結果、1チームは1回戦敗退でしたが、もう1つのチームは6位になり、全国大会出場を決めることができました!

 今回の取組を通して、プログラミングについてもっと学びたいという意欲につながったことと思います。「病室から世界に挑め、未来を創る子ども達」の大会スローガンのとおり、未来につながる学びになっていくことを願っています。
 

分校だより10月号

分校だより10月号をアップしました。内容は芸術鑑賞会の報告などです。
10月号.pdf
 

第1回保護者アンケートの結果

7月に行われました第1回学校自己評価保護者アンケートの集計結果を公表します。
令和元年度第1回保護者アンケート集計結果.pdf
 

中学部音楽の授業の様子

 中学部の音楽では、MONGOL800の「小さな恋のうた」を練習しています。ボーカル、エレキギター、電子ピアノ、キーボード、電子ドラムなどの楽器をそれぞれが担当してバンド演奏に取り組んでいます。

 退院する生徒もいて、メンバーは変わっていってしまいますが、他の生徒の楽器の音や歌声に心を合わせて、みんなで一つの音楽を作り上げる楽しさを味わっています。また、自分自身が、そして仲間たちが一歩ずつ上達していく喜びを感じながら取り組んでいます。

 楽器の準備や片付け等も一人一人が率先して行い、見ていてとても気持ちがいいです!
 
 

2学期始業式の様子

 9月2日(月)、令和元年度第2学期の始業式が行われました。三原和弘校長からは、この夏に感動したこととして、全英女子オープンゴルフで渋野日向子選手が、困難な時も笑顔を絶やさず優勝したことや、羽化したセミに思わぬところで出会ったことなどのお話がありました。感動したことを周りの人に話して共有することの大切さを再認識できました。

 また、逆に、文句を言いたくなってしまうような時には、理由を伝えたり、「~した方がいいと思います」のように肯定的な意見として伝えたりすることができるようになろうというお話がありました。

 一人一人の児童生徒にとって、仲間とともに楽しく学べる、充実した2学期になってほしいと願っています。
 

分校だより9月号

 分校だより9月号をアップしました。プログラミング教育のことなどを掲載しています。
 9月号.pdf
 

公開講座が行われました

 8月20日(火)、けやき特別支援学校本校の体育館において、伊奈分校主催の公開講座が行われました。埼玉県立精神医療センター療養援助部の精神保健福祉士である三ツ橋じゅん氏に「精神疾患・心身症のある児童生徒の支援~精神保健福祉士の役割と医療、教育との連携を考える~」と題して講演をしていただきました。

 精神科医療のベースとなっている精神保健福祉法について、児童精神科の治療について、医療と教育の連携の在り方等について、噛み砕いてわかりやすく御説明いただきました。

 約170名の方が出席され、質疑応答の時間には、自校の児童生徒を思い浮かべながらたくさんの質問が出されました。

 今後も県立精神医療センターの中にある学校として、県内の小・中・高等学校等の心のケアを必要とする児童生徒たちの支援について発信していきたいと思います。ありがとうございました。

 

1学期の児童生徒の作品紹介

 小学部の図工、中学部の美術などの時間に児童生徒が作った作品を紹介します。どの作品も個性あふれる力作です!


【お花見セット】

【ちぎり絵】

【コピーロボット】

【竹のかごと新聞紙のかご】

【パフェ】


【回転版画】

 

分校だより7月号

 分校だより7月号をアップしました。内容は「い~な集会」「校外体験学習」などです。
 7月号.pdf
 

歴史と民俗の博物館に行ってきました

 6月7日(金)、小学部・中学部合同で校外体験学習に行きました。大宮公園の中にある県立歴史と民俗の博物館で、藍染め体験、昔の衣装体験、火起こし体験などの体験活動を行い、その後に展示物を見学しました。

 藍染め体験では、2分30秒間、藍液に浸けていなければならないところが特に大変だったと思いますが、全員がんばることができ、一人一人の個性があふれる藍染めのハンカチができあがりました。

【児童生徒の感想】

・はにわと馬と原始人のお家を見てきました。あいぞめが楽しかったです。

・火起こしが意外と大変でした。バスレクも盛り上がって良かったです。また行きたいです!!

・とても疲れましたが、様々な体験を通し、昔の人の生活、伝統が分かりました。楽しかったです。

・色々な体験をして、たくさんのことを経験しました。これからに生かしたいです。特に火起こし体験は、昔の人の生活を学べました。

・班の目標も個人目標も達成できたと思います。土器や骨も見られて貴重な体験でした。

・火起こし体験が結構難しかったです。藍染めもきれいにできたので良かったです。

    
 

国際交流授業が行われました

 5月29日(水)、今年度初めての国際交流授業が行われました。県庁の県民生活部国際課の国際交流員であるジョシュアさんとカビヤさんが来てくださいました。オーストラリア、アメリカ、インドの文化について、グループ対抗のクイズで学んだり、英語を使ったゲームを楽しんだりし、あっという間の2時間でした。

 初めは緊張していた児童生徒たちも徐々に緊張がほぐれて、英語で自己紹介したり、お二人に英語で質問したりすることができました。会の終わりには、児童生徒たちが手作りのプレゼントをお渡しし、感謝の気持ちを表すことができました。

【児童生徒の感想】

・インドで初めてシャンプーが作られたことがわかりました。

・オーストラリアのお金(コイン)は重かったです。

・オススメの観光地がわかりました。

・今日の一日で、オーストラリア、インド、アメリカについてたくさんのことが知れて良かったです。

・ジャンケンやクイズがとっても楽しかったです。クイズは難しいものもあったけど、正解した時はとってもうれしかったです。

  

 

分校だより6月号

分校だより6月号をアップしました。PDFでの公開となります。
6月号.pdf
 

学校自己評価システムシート(当初)を公開します

平成31年度(令和元年度)のけやき特別支援学校伊奈分校の学校自己評価システムシート(当初)をアップしました。PDFでの公開となります。

けやき特別支援学校伊奈分校学校自己評価システムシート(当初).pdf
 

中学部 家庭 調理実習の様子

 5月17日(金)の中学部の家庭の授業は調理実習でした。今回のメニューは牛丼でした。玉ねぎを切ったり、調味料を正確に計って鍋に入れて煮たり、自分の役割を11人がしっかりと果たして、おいしい牛丼ができあがりました。

  
 

本校と伊奈分校の全体研究会が行われました

 けやき特別支援学校は、文部科学省の「特別支援教育に関する実践研究充実事業」及び埼玉県教育委員会の「特別支援学校の新たな学び推進プロジェクト」の研究指定を受け、「病弱教育における主体的・対話的で深い学びの視点からの授業づくり」を研究テーマに掲げて今年度も研究を進めていきます。

 4月18日(木)には、本校と伊奈分校をテレビ会議システムで結んで全体研究会を行いました。伊奈分校では今年度、①ユニバーサルデザインに基づいた授業づくり、②障害特性に応じたICTの活用、③「授業で勝負」するための学び合いの3つの柱で研究を展開していきます。
 
 

平成31年度第1学期始業式

 平成31年度第1学期の始業式が4月8日(月)に行われました。三原和弘校長の講話では、物事がうまくいかない時はどのように感じるかを考えました。そして、うまくいかなくてあきらめてしまう時は、自分で「あきらめよう」と決断してしまっているということに気づかされました。自分が変われるか変われないかは自分の決断にかかっていることを改めて教えられ、一人一人が新年度の初めにあたり、気持ちを新たにすることができました。
 

中学部 集団による自立活動「キャリア・スタディ」の様子

 中学部では週に1回、集団による自立活動の授業「キャリア・スタディ」を行っています。3月13日(水)に行われた「キャリア・スタディ」では、「ガチャ・トーク」と「風船パス」を行いました。

 「ガチャ・トーク」はカプセルトイ(ガチャガチャ)の機械から出てきたテーマに対して、生徒たち一人一人が自分の考えたことを2分以内で個々のホワイトボードにメモし、その後に発表し合うという活動です。今回は1つ目のテーマが「将来なりたい職業は?」、2つ目のテーマが「風邪をひかないためにしていることは?」でした。自分の考えをまとめてうまく伝えること、他の人の考えをよく聞くことを学んでいます。

 「風船パス」は4~5名ぐらいのグループに分かれて行う活動です。グループごとに輪になって、風船をできるだけ落とさないように力加減を考えながら他の人にパスしていきます。どうすれば長く続けられるか話し合いながら行いました。自分の考えをまわりの人に伝え、グループとしての考えをまとめることを目標にしています。
  

 

春のコンサート(卒業・進級を祝う会)が行われました

 3月7日(木)、運動療法室において春のコンサート(卒業・進級を祝う会)が行われました。保護者の方々や病院の方々が約30名お越しくださり、児童生徒たちを応援してくださいました。

 児童生徒たちの発表の前には病院の方々が素晴らしい演奏やダンスを披露してくださり、児童生徒たちの緊張を解きほぐしてくださいました。その後、児童生徒たちは学部ごとの発表や有志による発表を行い、それぞれの持ち味を発揮することができました。

 保護者の方々の中には、お子さんの成長ぶりを見て涙を流す方もおられました。参加者一人一人に感動のあふれる集会となりました。
  

 

小学部遠足が行われました

 2月14日(木)鉄道博物館へ行きました。明治の頃の車両内に入って座ったり、上や下からのぞいたり等、楽しく見学ができました。体験コーナーでは、実際に鉄道にかかわる実験ができ、発電や摩擦の原理を学ぶことができました。
 

講師招聘研修会が行われました

 今年度は3回にわたり、埼玉大学教育学部付属教育実践センター教授の長江清和先生をお迎えして講師招聘研修会を行いました。第3回目(2月7日)には、授業を見学していただいた後に研究協議会においてアドバイスをいただき、その後、「病弱特別支援学校の授業から学ぶこと~授業ユニバーサルデザインと障害・発達の特性の観点~」と題して御講義をいただきました。
 
 

小学部外国語活動の授業の様子

 小学部の外国語活動では、デジタル教科書を使って授業をしています。デジタル教科書を使用すると関連する映像を視聴したり、ネイティブ・スピーカーの発音をすぐに聞いたりすることができるため効果的な授業が行えています。
 

和文化体験(新春落語会)が行われました

 129日(火)に和文化体験として、新春落語会がありました。噺家は山柳山柳(やまやなぎ さんりゅう)さんでした。落語を始めてくださる前のお話も分かりやすく、まずは落語に馴染みのない人でも聞いたことのある「隣の家に囲いができたってね」「へー」という短いやり取りも、実は落語だと教えてもらいました。「味噌豆」と「鶴」もくすりと笑える面白さがあり、生徒の皆さんからの「ふふふ」という笑い声が聞こえてきました。とても温かい気持ちにさせていただいた落語会となりました。
 

中学部・保健体育の様子

 伊奈分校では、小学部・中学部ともに週2回ずつ、精神医療センターの体育館をお借りして授業を行っています。1月10日(木)の中学部の保健体育は、卓球、バドミントン、バスケットボールのいずれかを選択して行う授業でした。とても気温の低い日でしたが、自分が選んだ種目で、それぞれが良い汗を流しました。



 

第3学期始業式が行われました

 1月8日(火)、3学期の始業式が行われました。三原和弘校長がお正月に自分の夢や希望や目標を考えた人がいるか尋ねると、数名の児童生徒が「どんな人とも仲良くしたいです。」「友達関係をよくしたいです。」「他の学校で勉強している人に追いつくよう自主勉強したいです。」など積極的に発表することができました。

 その後、小学生で囲碁のプロ棋士になった仲邑菫さんや、中学生で競技ごまの世界チャンピオンとなった谷幹太さんのお話などを聞いて、自分が楽しめることを見つけて続けることの大切さを知ることができました。

 年度のまとめの学期である3学期の始めにあたり、児童生徒一人一人の心の中に新たな思いが生まれてきていることがその表情からわかり、とてもうれしい始業式となりました。

 

第3回公開講座が行われました

 12月26日(水)、埼玉県発達障害総合支援センターにおいて、伊奈分校主催の公開講座(平成30年度第3回目)が行われました。埼玉県発達障害総合支援センター所長であり、国立障害者リハビリテーションセンター発達障害情報・支援センター顧問、日本自閉症協会会長などをしておられる市川宏伸先生を講師としてお迎えし、「発達障害・二次障害について考える~医療・福祉・教育の連携で目指す支援とは~」のテーマのもと講演をしていただきました。

 小学校、中学校、高等学校、特別支援学校などから、当初の定員を大幅に上回る298名の方が御出席くださり、「色々な事例、経験等をお話ししていただき、具体的なイメージを持って学ぶことができました。」、「本校にも発達障害がある生徒が何人もいます。その行動を思い出しながらお話を伺い、納得できることが多々ありました。」、「現在学級の生徒の中に、症例に近い生徒がいて、先生がどう対応したか、どう声かけをしたのかが大変役に立ちました。」などの感想が寄せられました。

 伊奈分校の「尺度表の活用を通した自立活動の充実」実践報告もさせていただきました。「自分メーター」に関しての御質問、御意見等も多数いただきましたので、さらに良いものにして発信していきたいと考えております。ありがとうございました。

 

第2学期終業式が行われました

 12月21日(金)、2学期の終業式が行われました。三原和弘校長から「自分自身の『平成』を振り返ってみてください。振り返ることは未来の自分を作ることにつながります。そして、『1年の計は元旦にあり』と言われるように、お正月には自分の夢や希望について考えてみてください。」と話がありました。写真は校歌「まどをあけて」を元気に歌っているところです。
 
 

国際交流授業が行われました

 12月7日(金)、県庁の県民生活部国際課より国際交流員のジョシュアさんとカビヤさんが来てくださり、オーストラリアやアメリカの文化について色々なことを教えてくださいました。特に今回はオーストラリアやアメリカのクリスマスについて、グループ対抗のクイズ形式で学ばせていただき大変盛り上がりました。クイズに正解するとクリスマスツリーを飾るオーナメントをもらうことができ、クイズが終わる頃にはとても素敵なクリスマスツリーにすることができました。その後はクリスマスじゃんけんゲームを行って、英語を使いながら楽しい時間を過ごしました。